男性ホルモンを抑制する育毛剤はありません

男性がハゲてしまうのは、男性ホルモンが原因だというのはよく言われる事です。

→それなら、男性ホルモンを抑制する育毛剤があれば効くんじゃないの?

これは誰もが考える事だと思います。
しかし、男性ホルモンを抑制する育毛剤というのはありません。

詳しい方なら、AGA薬のプロペシアって男性ホルモンに関係なかったっけ?という疑問を持ったと思います。

  • なぜ男性ホルモンを抑制する育毛剤はないのか?
  • 男性ホルモンを抑制する育毛剤と呼ばれていたものは本当は何だったのか?

これらついて、詳しく見ていきましょう。

ハゲるのは本当に男性ホルモンが原因なのか問題

そもそも、「男性ホルモンがハゲの原因になる」というのは、あくまでも専門用語を使わずに分かりやすく言い換えた表現なんです。

ハゲの本当の原因は、5αリダクターゼという還元酵素です。

この還元酵素が男性ホルモンと結合した時に発生する悪玉男性ホルモンが、薄毛の原因になることがわかっています。

ただ、還元酵素が原因とか、その還元酵素の名前も英語で5α(ごあるふぁ)リダクターゼという覚えにくい名前ですし、さらに、結合した悪玉男性ホルモンが・・・なんて一連のメカニズムを説明しても分かりにくいので、このへんをマルッとひとまとめにして”男性ホルモン”と表現しているんですね。

男性ホルモンに善玉と悪玉があるなんて、一般的にはあまり知られていませんから。

大学教授も”男性ホルモンがハゲの原因”と言ってます

先日このまとめが話題になりました。
参考:大学教授からハゲへのありがたいお言葉
この教授が音声の中でしきりに語っているのが、
「思春期以降の男性ホルモンが悪さするのがハゲの原因」
という一節です。

AGAの研究をしている教授でさえも、一般に説明する際は「男性ホルモン」と略すんですね。

→このように一言でAGAのメカニズムを説明するときには「男性ホルモンが原因」の一言で片付けられるのが一般的です。

ハゲの本当の原因とは一体何なのか?

ハゲの原因となるのは還元酵素が男性ホルモンと結合してできる悪玉男性ホルモンと言いましたが、この物質はジヒドロテストステロン(DHT)というもので、別名:悪玉男性ホルモンと呼ばれています。

DHTが”悪玉”と呼ばれるのには理由があります。
抜け毛の原因となる他にも、勢力の減退、前立腺肥大を引き起こすなど、男性にとって悪い作用ばかりのホルモンのため悪玉男性ホルモンと呼ばれているのです。

こんな厄介なDHTがなぜ作られるのかについては、まだ解明されていません。

→では、このDHTを抑制するために、どういう手段が取られているのでしょうか?

AGA薬や育毛剤が抑制するのも男性ホルモンではない

そんなDHTを抑制するためは、還元酵素である5αリダクターゼを抑制する必要があります。

男性ホルモン自体を抑制してもいいのでは?と思いますが、男性ホルモンを抑制すると、男性の体には色々と不都合がありますし、それに実は男性ホルモン自体を抑制するとDHTは余計たくさん生成されてしまうのです。

そこで、前立腺肥大や薄毛を防ぐための薬では、男性ホルモン自体ではなくて5αリダクターゼを抑制するものが使われています。

→AGA薬や育毛剤が薄毛を防ぐために抑制するのは男性ホルモンじゃなくて5αリダクターゼの方なのです。

5αリダクターゼには2種類の”型”がある

そんな抑制すべき5αリダクターゼですが、実は5αリダクターゼには2つの”型”があります。

  1. 5αリダクターゼⅠ型
  2. 5αリダクターゼⅡ型

の2つです。

→この2つにどういう違いがあるのでしょうか?

5αリダクターゼⅠ型とⅡ型のちがい

この図を見てください。
5αリダクターゼⅠ型とⅡ型のちがいとは!?

5αリダクターゼⅠ型は頭皮の全体に広がっているのに対し、Ⅱ型は前頭部からつむじにかけてのエリアに集中しています。

見たとおりですが、ハゲで気になるのはⅡ型のエリアです。
Ⅱ型のないエリアはハゲた人でも最後まで髪が残る部分なんですね。

波平、横山ノック、etc..
ハゲといえばⅡ型のエリアがツルツルでそれ以外に髪が残っている印象がありますが、その理由はこの分布に関係があったのです。

ハゲにはⅡ型抑制が大事

AGA薬のプロペシア・フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型を抑制するものです。
AGA治療にⅡ型を抑制する薬が選ばれていることからもわかるように、ハゲを防ぐにはⅠ型はあまり関係ありません。
Ⅱ型を抑制することが大事なのです。

→だから育毛剤を選ぶならⅡ型を抑制する成分の濃い育毛剤を選ぶべきです。

5αリダクターゼⅡ型を抑制する成分の濃い育毛剤

ここまでで、薄毛対策には、5αリダクターゼⅡ型の抑制が大事だというのはわかってもらえたと思います。

AGA治療でクリニックに通うのであれば、プロペシアで5αリダクターゼⅡ型を抑制していくのが一番王道の治療法です。

でも、私たちが気になっているのは、家でケアする育毛剤で5αリダクターゼⅡ型を抑制できないだろうか?という点ですね。

実は育毛剤でも、5αリダクターゼⅡ型を抑制する成分が含まれたものは存在しています。
ただ、どの成分が5αリダクターゼⅡ型を抑制するのかというのは、あまりよく知られていません。

→では、育毛剤で5αリダクターゼⅡ型を抑制する成分が濃いものを選ぼうと思ったら、どんな成分に注目したらよいのでしょうか?

ヒオウギエキスとオウゴンエキス

育毛剤に含まれる成分で注目したいのがヒオウギエキスとオウゴンエキス。

この2つは、ともに”DHTを抑制する成分”とか”男性ホルモンを抑制する成分”として紹介されています。

例えば、育毛剤:イクオスの公式サイトに次のような図解があります。
オウゴンエキスがDHTを抑制する?

この図ではオウゴンエキスが5αリダクターゼをブロックするということが書いてありますが・・・

ちょっと待ってほしい。
この図の5αリダクターゼってⅠ型?それともⅡ型?

この点について説明していない育毛剤が多いんですね。
ブブカのオウゴンエキスは5αリダクターゼをブロックできる?
これは育毛剤ブブカの公式サイトにある図ですが、こちらも同じです。
Ⅰ型かⅡ型かについての説明がないのです。

Ⅰ型かⅡ型かについて明記された育毛剤を発見

そこで、この図を見てください。
プランテルのヒオウギエキスは5αリダクターゼⅡ型を抑制する
はい、「Ⅱ型」としっかり明記されていますね。

→このように、Ⅰ型かⅡ型かについて明記されているのは、私が探したところプランテルのサイトだけでした。

そして、プランテルといえば、ヒオウギエキスを高濃度に配合しているというのも明記されています。

こちらです
プランテルはヒオウギエキスを高濃度配合している

この説明にもある通り、育毛剤でⅡ型の5αリダクターゼを抑制できる成分はヒオウギエキスなんですね。

プランテルの説明書の他に、こちらにもヒオウギエキスがⅡ型を抑制するという説明を見つけることができました。

Ⅰ型5αリダクターゼを抑えるのに有効なのはノコギリヤシ、亜鉛、アゼライン酸、緑茶エキス、オワゴンエキス、チョウジエキス、サンショウエキス。
Ⅱ型5αリダクターゼを抑えるのに有効なのはノコギリヤシ、亜鉛、アロエエキス、リモネン、ヒオウギエキス。
出典:Naverまとめ

Ⅱ型抑制が大事。ヒオウギエキスが大事

以上の調査で

  • 薄毛対策にはⅡ型5αリダクターゼの抑制が大事
  • Ⅱ型5αリダクターゼを育毛剤で抑制するにはヒオウギエキスが大事

ということがわかりました。

そして、育毛剤を選ぶのであれば、公式サイトにもⅡ型5αリダクターゼ・ヒオウギエキス高濃度と明記されているプランテルが一番理想に近い選択肢なのではないでしょうか、現状では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です